夢を見た。

夢を見た。


みんなで家に帰るところだった

一人の女の子が誰かのところに行くといって
皆から離れ、細い道に入っていく

一人では危ないと思い、走って追いかけて行った私

いきなり女の子がやはりやめておくと引き返す
私も引き返すが、闇が迫って来た
周りがスローモーションになり、真っ暗な闇に包まれそうになる

男の手に口を塞がれた
ヤバイ!!!

男の腕を両手でガッツリと掴み
そのまま引きはがす
そして男をグルグルと振り回し、側の家の壁にぶん投げた

ダッシュで逃げ出し、家に駆け込む

黒く汚れている私を見て、何があったと聞いてくる友人に
サッシの方を指さすと、男が窓を叩いていた




☆思ったこと


よく逃げれたな~っと思う。

私が強かったから、助かったと思う。



起きてから思ったのは、
付いてきてと言われたわけでもないのに
正義感振り回し
お節介やいたら、酷い目にあったって(笑)

これ、助かってなかったら
こんなこと思ってないかも。



ただの夢ならいいんだけどね(笑)





スポンサーサイト





これは夢かもしれない


今日から、お仕事の方が多いのかもしれませんねぇ。
お疲れさまでございます。

年末年始にお仕事だった方々に感謝します。
働いていてくださった方々のおかげで、こうやって過ごすことができております。
ありがとうございます。



寝てみる夢の話でございます。

夢の中で、「これは夢かもしれない」と気づくことが出来たのですが
今回は、そこから先に頭が働きませんでした。

「夢かも?夢かも?」と言いつつも
違うかもという気持ちがあったようで、夢から抜け出せませんでした。


夢から覚めたくないというのがあったかもしれません。


なかなか気づくことができませんが
これからもチャレンジしていきたいと思います。





昼寝で見た夢


今日は日差しが暖かいですねぇ。

窓から射す光が眩しいです。



疲れていたので、昼寝をしてみました。



自分の家にいます。

勝手に小さな女の子が私の部屋に入ってピアノを弾いています。

私は自分の部屋に入りカーテンを開けます。

「今からここで寝るの?」と私に聞いてきます。

寝るなら、部屋から出て行くというのです。

「なんで、ここでピアノを弾くの?」私は訊きます

「弾いていいって言ったから」私のママがピアノを弾いていいと言ったらしい

自分の家で弾けばいいのにというとピアノがないと言います

おばあちゃんに買ってもらえば?と訊きますが

買ってくれないそうです。


私は、その子に詰め寄りこう言います


 私のことをキライにならないでね
  もしキライになったら、すぐにわかるから
   そしたら、ここにはこれなくなるから 


その子を返事を聞く前に、目が覚めました。




変な夢



あの子は、私だったんだろうか?







初夢


あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします



新しい年になりましたねぇ

あっと言う間ですね(笑)

もう三日です。
時間が経つのを早く感じております。
もう年ですかねぇ(笑)




初夢を見ましたよぉ

それも

しっかりと

メッセージをもらいましたぁ



なんか凄いですね(笑)






私は、自転車に乗っていました。
川向うで、車がフェンスに突っ込んで、運転手のお爺さんが川に落ちそうになってました。
私が自転車を止めると、お爺さんは川に落ちました。
私は、背負っていたリュックを投げ出し、川に飛び込んで助けようと走りながら
「救急車~救急車~」と叫んでました。
飛び込もうとすると、男性二人が助けに入ってました。
しかし、飛び込んだ男性が溺れ、お爺さんは、自力で川岸に辿り着いていました。

周りに人が集まり始めます。

一人の女性が私に話しかけてきました。
あの人、お騒がせじいさんなんですよぉ~
もうみんな、困っているんです。
今から、集まりがあるんですが一緒に行きませんか?

へっ?
いきなりなんでしょう?
ふと、周りを見ると、川岸にいたはずが森の中にいました。
そして、手を取られながら、目の前に見える湖に入って行きます。

水が透き通っていて、底まで見えています。
とても綺麗な女性が水の中に漂っていました。
その横には、生首が転がっています。
いくつかある首は、生きているようで動いています。
これを見ても、私は驚きませんでした。

それよりも、湖には人がたくさんいて、その中に恐竜が泳いでいるのを見て
「ちょっと、待って、待って、まだ早い。私にはまだ早いです」と
言いながら胸まで浸かっている水から出ようと、後ろに戻ろうとしますが
目の前に、灰色の宇宙人のような小人のような存在が私に近づいてきます。

一緒にいた女性が「触らないでくださいね」とやさしく言います。
なぜか、精霊とかそういう存在だとわかりました。
水の流れに乗って、そのまま通り過ぎていくと思っていたら
いきなり私の肩に捕まり、耳元で話しかけてきたんです。


私に関してのことでした


聞きたいことが他にもあったのに、男性が私の体を触って
気を引いてきて、存在はいなくなってしまいました。

看板が見えました。
女性が、全部は読めないでしょうと言ってきました。





いやはや、驚きましたよぉ~

あの存在からは、二つのメッセージをもらいました。

男性が邪魔をしなければ、聞きたいことがあったのですがぁ~

彼は、ガイドさんかもと今では思っております。
もうおしまいって感じだったのでしょうねぇ


私をここに連れてきてくれた女性もガイドさんだったのかもしれません。

看板の文字は、“愛の神秘”だったかなぁ?
文字数的には、あっているんですが、ちょっと違うような?
たくさん書いてある中で、それだけしか読めないでしょうと
女性は言っていましたが、私は、“222”という数字もわかりました。
全部読めたら、何が書いてあったんでしょうねぇ?




こういう形でメッセージをもらって、驚き半分嬉しさ半分って感じでしょうか(笑)









トラに襲われたんです


夢の中で、トラに襲われたんですよぉ~。


夜なのか?
暗くて、でも、ほんのり見える感じで、月明かりで見えてるんでしょうかねぇ~?

私は、建物から出て、外を歩いてました。
木の茂った小路があり、覗くと先の方は、真っ暗でした。
入って行ったらヤバイという感覚があったので、引き返そうとしたんです。
振り返ると、少し離れた場所の暗がりに何かがいます。
薄らとした輪郭が、大きな動物。

トラでした。

薄暗がりの中なのに、なぜか目があったと思ったんです。
動くとヤバイと思った瞬間に、トラがこちらに走ってきます。

うわぁ~!と心の中で叫び(声にならなかったんですよねぇ~)

逃げようとしましたが、トラの方が速かった。

飛びかかれる瞬間に、トラが小さくなって、子供のトラくらいの大きさになりました。

痛ぁ~い!

腕をカブっと噛まれました。

あまりの痛さに、腕をぶん回して、トラを振り払い、逃げますが
さらに、違うトラが襲いかかってきます。

何頭いるのよ?


離れている時は、大人のトラに見えますが、飛びかかられると
子供のトラに変身します。

トラを振り払いながら、もう飛んで空に逃げるしかないと思いますが
次々と、トラが襲ってくるので、飛び上がれません。

この時、トラから逃げるのを止めれば、大丈夫なんじゃないか
という思いが、一瞬湧き上がりました。

でも、噛まれると痛くて痛くて、足を止めるなんて出来ないんですよぉ。



ここから逃げるには、目を覚ますしかない

なぜか、そう思ったんです。

そして、無理やり体に戻ろうとして、ぐあぁ~と気持ち悪くなって
真っ暗になり、フェードアウト。


気づくと、気分が悪かったけど、逃げれたぁ~っという安堵感。




布団の中で眼を開けると、朝でした。

うわぁ~、トラに襲われる夢見たよ。
腕噛まれて、痛かったなぁ~。

夢なのに、なんであんなに痛いんだろう?

夢日記書かないとなぁ~っと思いながら、フェードアウト。

真っ暗です。


あれ?

あれあれ?


目を開けます。
あっ、こっちが現実か?
体に戻ってきました。

さっき起きた場所は、違う私の体だったのか?

夢の中で夢を見ていたのか?

それとも、トラから逃げるために、他の体に移動したのか?


それにしても、私は、無意識に夢だと気づいていたのか?


なんとも、奇妙な体験をしましたよ(笑)


それにしても、なんでトラ?

そして、なんで、あんなに痛いのよ(><)


意味わかんねぇ(笑)





プロフィール

かりん

Author:かりん
寝ること・本・TVドラマが好きで体外離脱と明晰夢に挑戦中

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

ヘミシンク 体外離脱 ワクワク コツコツ 継続 まるの日圭 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR