もしかして体外離脱してた?


ノンヘミでフォーカス10に行った後に
そのまま寝て、見た夢です。



車に乗っていました。

私が運転しています。

広い道路を走っていました。


急に、なにが起こったのかわからなかったけれど

いきなり、車が止まった?

私は何もしていないけれど

急ブレーキがかかったように体が前のめりになりガクっと力がかかって
目が覚めた



体感が凄かった!!!



なんていうのか、ここから先は、行っちゃダメって感じ?

なにも障害物もなかったのだけれど。



もしかして、体外離脱していたとか?



そうかも?







スポンサーサイト





F10に行った後、夢を見ました。

ノンヘミでフォーカス10に行った後
寝てしまいました。


夢を見ました。


病院の事務員をやっていました。

私は友人の代わりのアルバイトでした。

受付で名前を書いてもらうのですが
どうしてもその人の名前が読めません。
聞いてみるのですが、文字じゃないものを書かれ
さっぱりわかりませんでした。

仕事が終わって、片づけをします。

手伝わないといけないのにやれませんでした。

なぜか高い台の上に乗ります。
前より高くなったんじゃないの?
これだと飛び降りると骨折りそうだよと言うと

同僚が新しくなったからねっと言って飛び降りました。
彼女は、靴を履いていました。

私は靴下なので、つかまりながらズルズルと滑り降りました。

結局、全部を同僚がやってくれたのでお礼を言いました。

病院を閉めるといいます。

私は、荷物も靴も持っていないので
慌てて、取りに戻りました。

知らない人が勝手に中に入ってきて、あれこれ言います。

私は、ここから出ないとと思っているところで目が覚めました。



☆思ったこと


名前がわからなかったのですが
なぜ、その人は自分の名前を言ってくれなかったんでしょうか?
音で聞けば、わかったかもしれないのに。

目からの映像ばかりに気を取られているということでしょうか?

見たいという気持ちから
他の情報を見落としていることを言っているのかもしれません。



新しい台から飛び降りられませんでした。
靴を履いていなかったから。

靴を履いていれば、飛び降りることができました。


準備が足りないってことでしょうか。

もっとしっかり準備をしてから挑めってことでしょうか。

あっ!!!
もしかして、足、足元をしっかりしろってことかもしれません。

グラウディングをしっかりするように言われているのかもしれません。




なるほど~!!!

ちょっと、伝えてきたことがわかってきたかも?!

こんな感じで、受け取ったものを考えてみます。






ヘミシンク後のリアルな夢


2014年9月6日ゲートウェイWave II #1Focus12への入門

ヘミシンクを聞き始めると、CDデッキの購入のことやら、
色々なことを考えてしまっていた。

フォーカス10とフォーカス12を行き来して、ボーっとしている。
長いようで、あっという間に感じた。

“気にするな”と声が聞こえた。

フォーカス12で、麻雀の台が見えた。
どこかの景色が見えた気がした。

終わってから、眠かったので寝た。



夢を見た。

球技大会をやっていた。
お菓子屋さんに行くと、友人に会う。
今から部活に行くと言う。
体力作りをするらしい。
やれるときしかできないからと言われる。
友人の横に、白いターバンを巻いた白い服の浅黒い男性がいた。
ドウシと呼ばれていた。
ドウシは、私に何かのパンフレットを渡そうとしていた。

学校、教室、男子ばかり
中に入ると、いきなり体が重くなり立ってられない。
何をしたの?と聞くと、重力を上げたと言われる。
浮かぶんじゃないのと思っていたが、勘違いだったようだ。
男子が私に、物を投げてくるので避けた。
体が急に軽くなったので、物を投げてきた男子をブッ飛ばす。

目が覚めた後、体が重くてだるかった。



Wave I #5と#6を聞いた。

寝るつもりで寝る前に聞いた。
そのまま寝てしまった。


夢を見た。

金髪の女の子(私)黒髪の女の子(友人)二人とも外国人の少女だった。
走って逃げていた。
高い建物が立ち並ぶ街中だった。
人は、ほとんど見かけなかった。
ある建物の扉を開けようとするが、開かない。
「どうしよう?」と私が言うと、黒髪の少女が鳩を私に渡して
「行って!」と言った。
一人で逃げろと言うのだ。
嫌だと私は、そこを動かず、二人で押し問答をしていると
空に大きな影が浮かび上がって、周りが少し暗くなった。
頭上に、女の子のシルエットが浮かび上がり、大きな黒い手がその子の頭から
脳を取り出した。悲鳴があがる。
恐怖が体を走り抜ける。
“お前たちが、しくじったからこうなったのだ”と空から低い声が聞こえてきた。
私たちは、動けずにいた。


目が覚めた後、すごく怖かったのを覚えている。
妙にリアルな夢で、怖かった。





◎ノートを読んで、思ったこと。

思い出した。
この時、見た夢全部を思い出した。

すべてがリアルに感じて、鮮明だった。

自分で体験している感覚が凄かったのを覚えている。

どこかであったことなのだろうか?




ランキングに参加しています。よかったら、応援してください。

ヘミシンク、F12と夢とF15


2014年8月27日ゲートウェイWave II #2問題解決

Q・昨日のヘミシンク中に見た紙に、何が書かれていたか?
A・指令書
なに?と思い聞くと、私がやりたいことの許可が出たとのことだった。
私のやりたいことって、なんだろう?


フォーカス12で、ボーっとしていると、宝石みたいに綺麗なビーズのようなのが
ネックレスみたいに連なっているのが見えた。
色とりどりで、とても綺麗だった。
上から見下ろす感じで見ていた。

右のこめかみと左の首筋が痛くなった。

フォーカス12は、体が、ぺちゃんこになった感じで、胸に圧迫感があり
横に広がっていく感覚があった。

終わった後、眠かったので、寝た。


夢を見た。



引き戸から、ネコが中に入ってこようとするのを、私は阻んでいた。
漫画みたいに、側から見たら面白かったと思うが、やってる方は必死だった。
なんとか阻止した。


建物の窓から、外を見ていた。
3階くらいの高さだと思う。
モクモクの白い雲が、道を移動していく。
徐々に形が、船のようなものに変わっていった。
レールもなにもない土の道を進んでいく。
私から見て、右に動いて行った。

私から見て、左に移動している人達がいた。
外を、そのまま見ていると、一人乗りの空飛ぶバイクみたいのに
友人が乗って、窓の前を横切っていった。
私は、慌てて窓から外に飛び出した。
私は、飛んでいた。
友人を、追っかけて行くと、向こうも気づいた。
空の上で立ち止まる。

「久しぶり、元気?この前も見かけたよね。」と声をかける。
下を見ると、友人の知り合いらしい人がいたので、道に降りた。
挨拶をする。

人の流れが止まっているので、前の方を見てみると
建物の中に、みんな入っていくようだが、もう入れないのかもしれない。

私は、飛んで、元の場所に帰ろうとしたが、飛べなくなっていたので
歩いて戻ることにした。


証拠の紙を見られずに、コピーしないといけない。
今いる人以外に、見られないようにしなければならなかった。




寝ていたのに、凄く疲れた。
友人にも会ったが、実は前の日の夢の中でも、この友人に会っている。
だから、この前も見かけたよねと私は言っている。
不思議な夢だった。




Wave V #2、フォーカス15を聞いた。

フォーカス13で、腕がスースーとした。

フォーカス15
濃い化粧をした女性の顔が見えた。
その後、何か、聞いたり、見たりしたが忘れてしまった。

細い足が見えて、青のキラキラのラメ入りワンピースを着ている妖精みたいな
黒髪の女性がいて、私も青い服を着ていた。

観光バスが止まっている。
バスの入り口には、黒縁眼鏡をかけた背の低い細身の男性が立っていた。
顎がとがってて、髪が薄く、背広を着ていた。
旗を持っていたかな~?

トンっと押される感じで、体が突き上げられ、光が見えた。
それが、3回あった。

フォーカス14で、左耳に痛みがあった。
丸い幾何学模様が、いくつも連なって上に抜けて行った。

フォーカス12より、フォーカス15の方が楽だと思った。

終わった後、腕の動きが悪く、さすった。

今回、ヘミシンクを始める前に、頭と顔のマッサージをした。
ヘミシンクを聞いても、寝なくなってきた。
その代り、終わった後、眠たくなる。





◎ノートを読んで、思ったこと。

私がやりたいことって、なんだろう?

不思議な夢を見ているが、ノートを読み返して、この夢を覚えていると思った。

フォーカス15の男の人や女の人は、なんなんだろう?
案内役の人?
ガイド?

わからないことだらけだ。
いつかは、わかる日がくるのだろうか。




ランキングに参加しています。よかったら、応援してください。

ヘミシンクのあと、長い夢をみた


2014年8月25日

ヘミシンクを聞いた後、少し経ってから急に眠くなったので、寝た。

夢を見た




大きなホールで講演会?
席に座っていた。
アメ食べる?と、隣の席の女子にあげる。
女子は、一緒に来ていた小さな女の子にカップケーキを渡していた。
女の子は、「味がおかしくない?」と一口食べてから聞くので
私は、少し貰って食べてみた。
普通の味だったので、「大丈夫だよ。」と私は答えた。


ロケットの部品のような物をもらった。

赤い巨人が空を飛んでいた。
宇宙船も飛んでいる。
対立しているように、見えた。

飛行場のような場所、建物の屋上に私はいた。
ロケットみたいな乗り物が横に置いてある。
博士が乗り物に乗って、飛んでいくのを私と男の子は手を振って見送った。


大きな建物の中
人がいっぱい。
通路に沿って、部屋もたくさんある。

一つの部屋を覗くと、壁が動いて、その中はクローゼットのようだった。
物凄い数のドレスが並んでいた。
どんなサイズでもあるように思えた。

廊下を歩きながら、あんなクローゼットが家にあったら凄いねと
私は隣にいる人に話しかけていた。

撮影をしている。
脇にある休憩場所で、女の子が風邪を引いたから、試験に出れないと
怒っていた。
私は、その試験には出ないので、その場を離れた。

部屋で、とある男子と女子が、いちゃついているのを目撃して
「やっと解禁にされたからって、どこでもいちゃつくのは、やめてくれる?」
と私は言って扉を閉めた。


細い階段を下りて行った。
下の部屋では、女性がメロンソーダの2ℓボトルを持って座っていた。
私は、そこに置いてある大きな鏡に自分の姿を映してみた。
足首まである黒い髪、白いワンピースを着た私だった。

もう一つ下の階に降りると、男の子がいた。
博士の息子?

キッチンで氷とキャベツがあふれてて、「早く使わないとやばくない?」
と私は慌てた。

博士がやってくる。
テーブルについて、博士と話をしようとしたら、上の階から何人か人が
降りてきて、博士と話がしたいと言いだした。
私が話そうと思っていたのにっと思ったところで目が覚めた。


夢に出てきた登場人物は、皆、外国人で、日本人は一人もいなかった。
とぎれ、とぎれになってはいるが、全部、話は繋がっているはず。
不思議な夢だった。
もっと部分的には、詳細に覚えているが、うまく文章にできない。




◎ノートを読んで、思ったこと。

この夢は、ノートを読み返して思い出した。
確かに、見たわ、この夢。

物凄くリアルで、色が鮮明だった。
そこにいる感覚が凄かった。

他の次元のことだろうか?
なかなか面白い夢を見てるなと思った。

多分、学校とかの夢だったのではないかと思っている。
また続きが見たいと思った。



ランキングに参加しています。よかったら、応援してください

プロフィール

かりん

Author:かりん
寝ること・本・TVドラマが好きで体外離脱と明晰夢に挑戦中

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

ヘミシンク 体外離脱 ワクワク コツコツ 継続 まるの日圭 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR